« 女王の気品 | トップページ | 明日より写真展開催! »

2013.06.13

和の響き

130525_kyoto_390_

「万葉」という名のバラ。
バラに日本語名がついていると、バラの美しさはもちろんだけど、
日本語の奥ゆかしさや雅さ、素晴らしさまでもがよりいっそう感じられる気がする。



◇↓ランキングに参加中です。ボタンをポチっと応援よろしくお願いいたします◇
にほんブログ村 写真ブログ マクロ撮影へ
にほんブログ村
 

« 女王の気品 | トップページ | 明日より写真展開催! »

」カテゴリの記事

バラ」カテゴリの記事

京都府立植物園」カテゴリの記事

コメント

へー 和の名前なんてあるんですね
人の名前のは見たことありますが

万葉って いいですね
万葉集の時代から 薔薇ってあったんでしょうか

開いた感じも見てみたいです

★奈月さん

ほんと色々な名前があって。
なるほど~って納得するものもあれば
よくわからないものもあって気にして見ていると楽しいです( ^ ^ )

日本語名だと時代背景とか名付けた人の想いとか、
いろいろイメージが湧きますね。
バラ、古代史にすでに登場するらしいので、
遥か昔から人々とともにあったんだな~と思います( ^ ^ )

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和の響き:

« 女王の気品 | トップページ | 明日より写真展開催! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ランキング参加

カテゴリー

無料ブログはココログ